猫啼温泉 井筒屋について

 

猫啼温泉 式部のやかた 井筒屋について

福島県石川郡石川町にある猫啼温泉 式部のやかた 井筒屋は今出川のほとりに宿が立つ、静かな温泉旅館です。
温泉街こそないものの、自然に恵まれ、四季毎に景色を楽しむことができ、ゆっくりとした時間をご堪能頂けます。
小説・舟橋聖一(ふなばしせいいち)氏の「ある女の遠景」や内田康夫(うちだやすお)氏の 「十三の墓標」(十三のぼひょう)の舞台となった宿です。
猫啼温泉 井筒屋
昭和10年頃の様子

井筒屋

井筒屋周辺

今出川

猫啼温泉の由来

今を去る千年の昔、平安中期の女流歌人「和泉式部」は、 当地石川の在に生れ、少女の頃こんこんとして沸く清水のほとりに来ては、水鏡で顔を洗い、髪を梳ることを楽しみとし美しい乙女となった。
その時、式部が櫛を置くことをつねとした石を「櫛上げの石」と称し、今なお、当温泉地内に残っている。
式部の美しさは遠近に聞こえ都へ上り、情熱の歌人として、その名を後世に遺した。
和泉式部は当地では「玉世姫(たまよ姫)」と呼ばれ、 愛猫は「そめ」という名が付けられていました。
故郷にとり残された、式部の愛猫は病み衰えていたが、式部を慕い、日毎にこの泉に来ては啼き、 泉に浴しているうちに病体は癒えて、美しき猫となった。
猫を憐れんで見守っていた里人達は、はじめて泉が霊泉であることを知り、泉水を汲んで入浴したら、 諸病に効顕があり、この里を猫啼と名づけ、湯治場を設けた。
霊泉 猫啼の名は年とともに広まり、名湯として今日に及んでいる。
櫛上げの石
和泉式部が櫛を置いたとされる【櫛上げの石】
櫛上げの石は、井筒屋の敷地内にございます。

和泉式部の詠んだ歌

あらざむ此世の外のおもひ出に 今ひとたびのあふこともがな

歌意

病気が重くなって死んでいくゆくこの身の、
来世での大出とするために、
せめていま一度だけでもあなたにお会いしたいものです。

解説

「後拾遺集」(恋・763)司書によれば、
作者が病気で寝ている時恋人に贈った歌である。
(小倉百人一首の一つ)

和泉式部の伝説


平安時代の女流歌人、和泉式部には様々な伝説があります。

小和清水(こわしみず)

石川町の曲木(まがき)という地区に「小和清水」と呼ばれる清らかな湧き水があります。

伝説では「この地方を治めた豪族、眞垣荘司安田兵衛国康の一子、 玉世姫が産湯を浴びた清水」となっており、 この玉世姫こそ、後の和泉式部である・・との言い伝えが残っています。

現在では、子育て・子宝の霊水として人々に親しまれております。
【福島の水30選にも選ばれています】